株式会社ミタカ工房 TOPページ

お問い合わせ

027-264-1155

Menu

個人インタビュー

個人インタビュー
ミタカ工房のスタッフたちに直接聞きました!みんなが抱えるお仕事への情熱・本音とは?
北屋敷 匡史

2015 FRアワード最優秀営業マン
大賞受賞

PROFILE

社長の従兄弟で店長森雅行とも10代の頃から顔馴染み。20台前半をフラフラと過ごしたが、2010年アルバイトとしてミタカ工房入社。内勤として図面制作やチラシ配布を経験した後2012年営業デビュー。社長北屋敷からの徹底した営業指導、そして彼の「売れる営業マンになりたい!」という情熱がついに実を結び2014年FRアワード全国5位、2015年FRアワードで昨年の覇者、森店長に続く形で日本一の栄冠を勝ち取る。

自己紹介

私の家族や親せきには建築関係の仕事をしている人が多く、子供の頃からいつも建築が身近にありました。
小さい頃の夢は「大工」、子供ながらに実家のリフォームをする大工さんの姿を見て密かに憧れていました。
そんな思いもあり、大学は建築系に進み、アルバイトも設計事務所や測量事務所で常に建築に触れてきました。
就職は一旦は大手企業に入社したものの、やはり未練があったのか、建築業界への転職をいつも考えていました。
そして27歳の春、ミタカ工房に入社。当時は、図面、パースなど設計部門を担当しました。
実践での仕事は覚えることが多く、日々勉強の毎日でしたが、お客さまの夢を形にする仕事にやりがいを感じました。
そういった経験を活かし今はミタカ工房の「営業スタッフ」として働いています。
正直言うと「営業」の仕事は私には全く向いてないと思っていました。物を売る経験など全く無かったからです。
でも、社長に「ミタカ工房の営業はモノを売ることじゃない。お客様の問題をお前の人柄を通して解決することだよ」と教えられ、営業の仕事をがんばる決意を持ちました。
お客様はお一人お一人、お家に関する悩みを抱えています。
その不安を一つでも多く取り除くこと、そのお住まいの問題を真剣に考えること、それが今の私の大切な仕事です。
営業マンになって3年半が過ぎ、たくさんのお客様に出会いました。
工事完了後に「ミタカさんに頼んで良かった。北屋敷さん、ありがとう」と笑顔を頂いた時、この仕事を選んで本当に良かったと心から思います。
そして、社長が言っていた「営業はモノ売りじゃない!」の意味が少しだけわかってきました。
これからもお客様の笑顔を見る為、日々精進です!お客様との何気ない会話も大好きですので、どんどん話かけて下さいね!(^^)!

「営業の仕事はモノを売る事じゃない。お前の人柄を通して問題を解決する事だよ」販売に自信がなかった私はその社長の言葉で営業職を頑張る決意をもちました。
「営業の仕事はモノを売る事じゃない。お前の人柄を通して問題を解決する事だよ」販売に自信がなかった私はその社長の言葉で営業職を頑張る決意をもちました。
ミタカ工房で働きたいと思った理由は何ですか?
アルバイトからの入社でしたが、社長や先輩方が私の話をきちんと聞いてくれるところ。この人達について行こう!!と決めました。
入社前と入社後のギャップはありましたか?
営業職ですが、お客様への細かなご連絡等、配慮する部分がたくさんありました。
お仕事の中でやりがいを感じる瞬間を教えてください。
お客様のお困りごとを解決出来たとき。北屋敷さんありがとうのお声を頂いたとき。
辛いことはありましたか?→どう乗り越えましたか?
打ち合わせや工事がうまくいかず、お客様からご指摘を頂いてしまったとき
→先輩方からアドバイスを頂き、その問題から決して逃げないこと。
ミタカ工房のいいところを教えてください。
チームとして行動している。みんなのノリの良さは凄いです。毎日楽しく過ごしています。
休日は何をされていますか?
とにかくどこかへ出かけます。買い物、ドライブ、観光、家にいることはほとんどありません。
今後の目標を教えてください。
今後の目標は現場監督に負けない、もっとたくさんの建築知識を身付けることです。
野口 郁弥

2015 FRアワード最優秀中途営業マン
大賞受賞

PROFILE

パティシエ、自動車販売を経て2014年6月㈱ミタカ工房リフォーム事業部入社。業界未経験ながら配属2ヶ月目に売上800万、4ヶ月目には1000万円を超え、ミタカ工房新人最速売上記録を樹立、その記録は未だ破られていない。2015年11月船井総研主催のFRアワードで年間売上1億円を突破し最優秀中途営業マン大賞を受賞、中途入社営業マンの日本一に輝く。戦乱のリフォーム業界、今もっとも注目のルーキーとして、今後の活躍が期待される。

自己紹介

野口郁弥(のぐちふみや)です。私は今まで全く異業種の菓子職人として仕事をしておりましたが、前職の会社の事情や、父が建築士だったという経緯もあり、ミタカ工房に入社させていただきました。

ミタカ工房の先輩方と職人さんたちの関係は私から見てもとても深いもの感じます。きっと長い時間をかけてここまで来たのだと思いますが、私も早く一人前になってその輪に溶け込み、持ち前の明るさを生かして会社をもっともっと盛り上げて行きたいと思います!

野口の一日のオシゴトはこちら
ミタカ工房は、スタッフが自分のことより仲間のことを心の底から考えている会社。
ミタカ工房は、スタッフが自分のことより仲間のことを心の底から考えている会社。
ミタカ工房で働きたいと思った理由は何ですか?
面接での社長の熱意と人柄に惹かれました。直感ですがこの人と一緒なら自分が変われる気がして、ここで働きたいと思いました。
入社前と入社後のギャップはありましたか?
特に有りません。仕事はチームで仕上げていくということが会社内でしっかりと根付いているので、すんなりと仕事をこなせていけました。
お仕事の中でやりがいを感じる瞬間を教えてください。
リフォームは電化製品と違って、引渡しまでに時間がかかります。その分、難しさもありますが、良く出来た時は本当に喜んでいただけます。リフォームは団体競技みたいな部分があるので、自分よりも工務や職人さんを褒めてもらえる時は特に嬉しいですね。チームでのやりがいを感じる時です。
辛いことはありましたか?→どう乗り越えましたか?
まだまだ勉強不足、経験不足でお客様に不安を与えてしまうこともしばしばあります。
今はまだ乗り越えるまで行ってませんが、先輩たちの存在は心強いです。
ミタカ工房のいいところを教えてください。
チームワークや、スタッフがみな自分のことより仲間のことを心の底から考えられるところ。
休日は何をされていますか?
買い物、映画鑑賞、熱帯魚観賞、飲み会です。
今後の目標を教えてください。
ミタカ工房の店舗を任されるような、知識・人柄を身につけ店長になりたいです。いつか森店長のようなあたたかい家庭を築きたいです。
本田 英俊

【保有資格】
宅地建物取引士
住宅ローンアドバイザー
1級土木施工管理技士

自己紹介

中央大学法律学部法律学科卒業後、大手信託銀行入行。
その後、20代で群馬の中小企業にヘッドハンティングされ、経営、財務、人材育成関わる傍らコンピューターシステムを構築。

3年前からシステムエンジニアとしてミタカ工房のチラシ、HPなどを制作。
コンピューターを専門としながらも「現場が好き」「営業はもっと好き」なにしろ「人が大好き」という実は超外向型人間。

現在、不動産営業2年目ながら前橋の土地情報を熟知し、コンピューターを駆使した素早い情報提供が消費者に支持され、土地案内、仲介、査定に飛び回る毎日
私は、皆さんとミタカ工房の出会いをより多くできるように日々仕事をしています。
ホームページやチラシの企画制作を担当しています。
デザインも行っていますので、塗替え時の色の事などお気軽にご相談ください。

私は、群馬県で仕事をするようになって17年になりますが、実は、湘南生まれ湘南育ちの「湘南BOY」です(古っ!)。

子供のころは、好きなものには一直線でのめり込み、中学生のころは、自転車にはまり、整備するときは、分解できるパーツは全て外し、ベアリングの一つ一つまで磨き上げ、また組み立てるという程の熱の入れようでした。
今では、ちょっと考えられませんが(笑)。
しかし、その時培った集中力と瞬発力は今でも身についています。

家族のように時には厳しく、時には優しくお互いのことを思いやれるのがうちの企業風土、とにかくみんな明るいです。
家族のように時には厳しく、時には優しくお互いのことを思いやれるのがうちの企業風土、とにかくみんな明るいです。
ミタカ工房で働きたいと思った理由は何ですか?
新規事業に一から携わることができることに遣り甲斐を感じたことと、何よりも北屋敷社長やミタカ工房の人とたちと一緒に仕事をしてみたいと思ったことです。
入社前と入社後のギャップはありましたか?
もともと社長の人となりも知っていましたし、会社のことも知っていたので大きなギャップを感じることはありませんでしが、入社してみてより、自分たちがより良い会社の形を作っていくんだというワクワクを感じました。
お仕事の中でやりがいを感じる瞬間を教えてください。
自分たちは家を建てられないと思いながらも相談に来られた問題を抱えたお客様(住宅ローンが借りられない。家族の意見が合わない。お土地に問題がある。勤務先の問題など)が、お引渡しの際、満面の笑みで、「夢を叶えてくれてありがとう」と感謝されたとき。
辛いことはありましたか?→どう乗り越えましたか?
入社時から不動産についても建築についても全てが初めてのことであり、業界の先達から教えを請うても未経験故に自分ができるシーンをイメージがすることがなかなかできず不安がありました。 とにかく自分がそのポジションで仕事している姿が想像できなかったことがとても辛かったです。お客様を守る立場でもあり、失敗してもいいやという気にはなれず、プレッシャーも物凄く大きかったです。
とにかく、自分が納得するまで徹底的に調べ理論武装して準備をすることに専念しました。あとは実践あるのみと、ぶつかって壁を壊してきました。まだまだ、沢山の壁がありますが、壊し続け前進したいと思っています。
ミタカ工房のいいところを教えてください。
社長をはじめ役員やスタッフ全員が家族のように時には厳しく、時には優しくお互いのことを思いやることのできる企業風土。みんな明るい。
休日は何をされていますか?
春夏は、朝ゆっくりジョギングして帰ってくるとその勢いで芝刈りです。秋冬は寒いけど気が向いたらジョギング。家にいるときは本を読んでいるか、DVDを見ています。
妻と休みが合う時は一緒に新しい店を開拓しにランチに行ったり、何か新たな発見はないかと普段は入らないような店にふっと入ってみたりします。
今後の目標を教えてください。
社長が目指しているプロセスを重要視した経営手法に沿って、ミタカ流の住宅不動産事業部の販売手法を確立したいと思っています。人に左右されずに安定してスタッフ全員が活き活きと仕事のできる組織を作っていきたいと思っています。スタッフがチームとして全員が同じ考え方の元、個々が自分の役割を確実に果たし、更に自分の長所を生かしチームをカバーしていければ最高だと思っています。そうすることで、ミタカ工房という名前を誰もが知っているという会社にしていきたいと思います。
関矢 昌起

【保有資格】
二級建築士

自己紹介

私の子供の頃のおもちゃ遊びは、まず壊すこと、そして元通り組み立てること、これが楽しくて夢中になっていました。(元にもどせなくて親に怒られることもしばしばでしたが・・・) だから、小さな頃からものづくりには興味があり、高校を卒業する頃には住宅を手がけてみたい!と思うようになりました。

仕事をしている中で時々施主さんから「価格を抑えたいので簡単にやって欲しい」と言われることがあります。リフォームは簡単なやり方=安い、ではありませんから、 プロとしてこだわるところはしっかりこだわりつつ、少しでも価格を抑えていく。そのあたりのご説明が難しいと感じることがあります。

現場監督になって16年になります。紹介で北屋敷社長に初めて会った時は、「ずいぶんガッツのある社長だなぁ。」と思いました。 ただ、ここまで業界や会社やスタッフの未来を考えている人がいることに少し驚いたのを覚えています。社内の雰囲気も和気あいあいとしていて、すごくいい印象でした。 「経営理念」や「行動規範」は、社長の考える会社作り、人作りについて書かれており、私も勉強になっています。そのおかげでチームワークの良さが保たれているのかもしれません。 今後もみんなの気持ちをひとつにして同じ目標に向かって進んでいけるように、ミタカの一員として頑張っていきたいと思います。

関谷の一日のオシゴトはこちら
自分が現場監督として大切にしている事を社長も大切にしてくれている。「ここなら安心して働ける!」と思いました。
自分が現場監督として大切にしている事を社長も大切にしてくれている。「ここなら安心して働ける!」と思いました。
ミタカ工房で働きたいと思った理由は何ですか?
最初は社長の熱意ある建築業界の未来への考えに賛同しました。そして、自分が現場管理をする上で大切にしていること(お客様としっかり関わって仕事をする)を社長も大切にしている事で、ここなら安心して働けると思いました。
入社前と入社後のギャップはありましたか?
リフォームも新築も両方経験はありましたが、ここまで数多い現場を持っている会社は初めてでそこには戸惑いました(笑)でも現場数は、地域のお客様から必要とされている証でもあるので、こまめな対応を心がけています。
お仕事の中でやりがいを感じる瞬間を教えてください。
お客様が、使いづらさや故障・不便を感じリフォームをお考えになってきている中で、リフォームによってきれいになるのはもちろんですが、そういった不安を解消させてあげられること。
辛いことはありましたか?→どう乗り越えましたか?
何しろ現場数が多いので時間に追われることや、時間のやりくりの難しさを感じます。段取りには自信が多少ありましたが、ミタカに来て段取りよくが磨かれたきたしています!
ミタカ工房のいいところを教えてください。
やる時はやる!遊ぶときは遊ぶ!のメリハリがはっきりしている所や人間関係は和気あいあいとしていると思います。
休日は何をされていますか?
最近二人目が生まれたばかりなので、休みはほとんど子供と遊んでいます。
今後の目標を教えてください。
もっと、たくさんの知識を覚え、より多くの人にリフォームのよさを知ってもらい、リフォームがより身近にできるような環境を整えたい。
高井 佑一郎
自己紹介

私は父が建築関係の仕事をしていた事から、子供の頃から建築現場を身近に感じていました。その頃からモノづくりには関心がありましたので、建築の仕事に就くことに抵抗はありませんでした。大学卒業後、大手ハウスメーカーで8年間、営業として仕事をしてきました。30歳になり会社本位のやり方に疑問を持ち始めた頃、色んな縁が重なってミタカ工房で働かせて頂く事になりました。ミタカ工房は結果がすべてのメーカーとは真逆で、プロセスをとても大切にしています。「いかに売るか」ではなく「何を伝えたか」が最重要です。最初は本当に戸惑いましたが、今はその考え方の大切さに納得し、住宅営業に誇りを持って働いています。

ミタカ工房は契約を取ることより、プロセスを大事にしている会社。
ミタカ工房は契約を取ることより、プロセスを大事にしている会社。
ミタカ工房で働きたいと思った理由は何ですか?
ハウスメーカーからの転職しました。ミタカ工房は常にお客様の事を第一に考える会社だと思いました。
社長の考えやスタッフさんの明るさに惹かれました。
入社前と入社後のギャップはありましたか?
同じ住宅を販売でも、会社の考え方や理念が違うだけで営業トークやプレゼンテーションも随分変わるものだなぁと思いました。仕事自体ギャップを感じることはありません。
お仕事の中でやりがいを感じる瞬間を教えてください。
お客様のマイホームを納得の上購入して頂き、引渡しが出来た時。お住まいの悩みを解決出来た時。
辛いことはありましたか?→どう乗り越えましたか?
結果が求められる仕事ですが、ミタカ工房は契約を取ることより、プロセスを大事にしている会社なので、辛いと感じることはありません。ただ、その場面が来るとしたら家族と一緒に過ごして1度リセットして次の日からまたがんばります!
ミタカ工房のいいところを教えてください。
社員が明るく元気なところ。チームワークや役割分担がしっかりしていて仲が良いところ。
休日は何をされていますか?
子供達と遊びに出かけたり、家族との時間にしています。
今後の目標を教えてください。
会社から必要とされる人間になることです。もの売りではなくコト売りを信念にお客様の立場に立った提案を心がけていきます。
ページトップ

あなたのご相談、匿名でお受けします。

027-264-1155

総合お問合せ

Copyright © ミタカ工房 co.,ltd. All Rights Reserved.